セメント瓦

セメント瓦

1970〜1980年代に普及したセメント製の瓦を「セメント瓦」といい、表面を塗装して雨水が染み込むのを防ぎます。セメント瓦自体の耐用年数は30年程度ですが、表面を塗装していない、もしくは塗膜が劣化してしまうと、水を吸収して雨漏りの原因になります。また、日本瓦と比べると耐久性が低いため、最近では新築で用いることはほぼありません。既存の屋根がセメント瓦のお宅は、塗り替えをするか、日本瓦やその他の屋根材にやりかえる場合がほとんどです。

一見、日本瓦(※)と見分けが付きませんが、表面がザラザラで、上から塗装を施してある瓦は、セメント瓦の可能性が高いです。表面がザラザラしているので、苔や藻がつきやすいのもデメリットです。苔や藻が瓦につくと、常に湿った状態になって、瓦を痛めてしまいます。

セメント瓦にはアスベストを含んでいる商品もあるため、処分にも規定が多く、一般の方が修繕することはおすすめできません。割れた瓦を見つけた場合などは、必ず当社のような施工業者に相談しましょう。

※「日本瓦」については、こちらをご参照ください。