雨どい

雨どい

雨樋とも表記し、屋根に落ちた雨水を外壁の表面を直接流れることなく、地面まで運ぶための部材です。雨どいが付いていないと、軒先から落ちた雨水がそのまま地面へ落ち、その途中で外壁や土台を無駄に濡らしてしまいます。また、雨どいが適切な場所に設置されていることにより、地面に落ちた雨水で水たまりやぬかるみができず、雨水を排水溝まで運べます。家を長持ちさせるためや、家の廻りの足元を悪くしないようにするために、なくてはならない重要な部位です。

こまめなメンテナンスは不要ですが、積雪で変形やひび割れが生じると、雨どいとしての効果を発揮できません。また、落ち葉やゴミが溜まると、雨どいが詰まって雨水がうまく流れなくなってしまいます。さらに、雨どいを壁や軒先に固定している金具も、錆びたり外れたりしていないか確認しなくてはいけません。

一般の方が細かく雨どい全体をチェックするのは大変危険で難しいので、当社にチェックはお任せください。