野地板(のじいた)

野地板(のじいた)

瓦などの屋根材を乗せるための下地のことで、垂木(たるき)と呼ばれる骨組みの上に板材を敷き詰めて構成します。一般的には、厚さ9mmの杉板や合板を用いますが、屋根の上に太陽パネルを設置する場合には、通常よりも荷重がかかるため、厚さ12mm以上の材料を使います。野地板同士の継ぎ目に小さな隙間を空けることで、屋根裏の湿気や熱気を外へ逃すことができます。

基本的には定期的に張り替える必要はありませんが、雨漏りが発生すると野地板は波打って屋根材を押し上げ、屋根材の割れや外れを引き起こします。また、ひどい雨漏りの場合には、野地板が腐食するので、早めの取り替えが必要です。築年数30年以上のお宅においても、野地板が経年劣化している可能性があるので、取り替えをご検討ください。屋根の上に登って歩き回ると、野地板が痛んでいる部分は少し沈みます。また、屋根裏に入れる場合は、室内からでも野地板が痛んでいるか確認できます。当社では、屋根や室内から細かく調査し、痛んだ野地板がないかチェックいたします。