大棟(おおむね)

大棟(おおむね)

勾配(傾斜)のついた屋根の場合、最も高いラインを棟(むね)といいます。ほとんどの住宅は、この棟が屋根の中にいくつも存在します。その中でも一番高い棟のことを、大棟(おおむね)と呼びます。

大棟は、屋根の中で一番紫外線や雨風に当たりやすい場所なので、しっかりとした雨仕舞(あまじまい、住宅に雨水が入らないようにする対策の総称)が必要です。瓦屋根の場合は専用瓦が、その他の屋根の場合はガルバニウム鋼板などの金属製の棟板金(※)を被せます。また、一部に換気棟(かんきむね)と呼ばれる換気口がついた材料を取り付けることで、屋根裏の熱気や湿気を排気できます。

大棟は家の中を長持ちさせるためにはとても重要な部位です。メンテナンスを怠ると、大棟の棟板金が痛んで、すぐに雨漏りになります。大棟に被せられた棟板金に、塗膜の劣化や取り付け釘の浮きがある場合には、早急なメンテナンスが必要です。大棟を一般の方が点検するのはとても危険なので、どうぞ当社にお任せください。しっかり調査をし、適切な施工方法をご提案いたします。

※「棟板金」については、こちらをご参照ください。