シート防水

シート防水

シート防水は、中小規模のマンションやビル、戸建住宅のベランダなど、様々な場所で施工されています。塩化ビニール系やゴム系防水シートを接着剤で貼り付けていく工法を「密着(接着)工法」といい、専用金具で下地に固定する工法を「機械固定工法」といいます。
既存下地の状況にあまり左右されないため、既存防水層がどんな仕上げでも、その上から施工することができます。また、一日で施工できる面積が広いため、短期間で工事が終わります。ただし、シートを細かく加工することはできないので、狭い場所や複雑な形状の場所、貯水槽など大きなものが設置してある場所には不向きです。広くて何もない屋上などへの施工にオススメの工法です。

ウレタン防水などの塗膜防水と比べると、耐久性が高いのも大きな特徴です。防水層の上を人が頻繁に歩いても、摩耗することはありません。ただし、ゴム系シートは紫外線に弱く、塩化ビニール系シートは年数が経つと弾力を失ってひび割れてしまいます。また、防水シートの継ぎ目も年月を重ねると開いてきてしまいます。
シートや継ぎ目が劣化すると、雨漏りの原因となりますので、早めに当社へご相談ください。