外壁塗装の失敗例
相見積もりを取らず、多めに支払ってしまった

塗装工事の費用や質は、塗装会社によって様々です。
1社だけの情報で、
「こういうものなのだろう」
「想像よりは安いかも」
「時間がもったいないから早く決めてしまいたい」
という事から、相見積もりをせず、即決してしまって後悔した方はとても多いです。
中には同じような工事なのに、倍近く費用が違う、なんて事も。

相見積もりを取らず、多めに支払ってしまった (3)

相見積もりはどうして重要なの?
ポイントをご紹介します!

塗装会社の提案を比較できるから「相見積もり」が大切!

塗装工事において、定価というものはありません。
他の商品と違って、出来上がったものを購入するわけでもありませんから、職人の知識や経験も重要です。
どこの会社も同じような技術で、同じような提案をする事はありません。
比較する事によって、どういった塗装会社が良いかが見えてくるはずです。

また、見積もりにきた担当者の印象が良く、断りにくかったというケースもありますが、
相見積もりを取る方の方が多いので、気にせずに「相見積もりです」と言って全く問題ありません。
そこで営業の常套句である「今日決めてくれたら安くする」
「早く契約して工事をしないとお住まいが危ない」と、
考える余地を与えない場合もあるのでご注意ください。
このように即決を求めてくる業者と契約してトラブルに発展するケースは非常に多いです。
相見積もりを取り、ゆっくりと落ち着いて、納得のいく説明をしてくれる塗装会社と契約しましょう。

塗装工事の知識を得られるから「相見積もり」が大切!

なぜ相見積もりが大切かというと、塗装工事に関する知識は、
学校では教えてくれないし、テレビでもそれほど紹介していないので、
見積もりを取ってみないとどこが良いか比べようがないからです。
「何がわからないのかもわからない…」なんて方もいるでしょう。

相見積もりは価格を比べて無駄な出費を抑え、
不要な工事を提案されないか比べ、
更に塗装会社との相性も見極める事が目的です。
現場調査で塗装会社が劣化している箇所を説明してくれたり、
見積もりで詳しい内容を説明してくれるので、 塗装工事について知識もついてくる事でしょう。
自分から調べずに情報をくれるので、学びやすいはずです。

同じ条件で比べられるから「相見積もり」が大切!

また、見積もりを取る際には、業者によって条件を変えずに同じ条件で見積もりを取り、
安いという条件で決めずに、安さは1つの材料として総合的に判断しましょう。
そして先ほどもお伝えした通り、即決せずに他の塗装会社からの見積もりを待ってから選ぶ事で、
塗装会社選びの失敗を防ぐ事ができます。

見積もりも無料なので、損をする事はありません。
損をする事と言えば、立ち合いの時間くらいです。
そこで手っ取り早く1社だけの話を聞いて契約し、
高額な費用と知らず支払い、その上手抜き工事であれば後悔しか残りません。

相見積もりを取らず、多めに支払ってしまった (2)

相見積もりは何社くらいとればいいの?
知人の紹介なら相見積もりは不要?

相見積もりは少なくとも2、3社から!

最低でも2、3社から見積もりを取る事をオススメします。
中にはもっと多く相見積もりを取っている方もいらっしゃいます。
複数社見積もりを取る事で専門的な知識が無くても、
1社だけ見積もりが高い、他に比べて工事内容が不明瞭といった事が読み解けます。
残念な事に、不当な請求をしてくる塗装会社は存在します。

知人の紹介でも、相見積もりは取っておきましょう

また、知人からの紹介してくれたからと、
相見積もりを取らないケースもありますが、
知人の方が塗装関係の仕事をしていないのであれば、
必ずしも安心できる業者とは言えません。
「知人の紹介」という信頼性はありますが、
紹介してくれたからという理由だけで契約してしまっては、総合的な判断とはいえません。

相見積もりを取らず、多めに支払ってしまった (1)

外装リフォームプロでは、
厳選した5社をご紹介!

なお、外装リフォームプロでは一級技能士の資格を持ったプロが、
地元の優良企業を厳選して5社ご紹介いたします。
その中から費用、相性、施工実績などを見ていただけばと思います。

塗装会社を決定してから「見積もりを取った他の会社に断るのは申し訳ない」と思わなくて大丈夫です。
お断りの連絡も当方で対応します。
安心してお任せください!