チョーキング

チョーキング

塗装部分が紫外線や雨風にさらされ続けると、表面の塗膜が劣化してきます。すると、塗料に含まれる顔料や樹脂が分解され、チョークの粉のようなものが発生します。この現象をチョーキング(白亜化 はくあか)と呼びます。主に、紫外線や雨風に当たりやすい部分に起こり、一般の方でも分かりやすいお手入れ時期のサインです。

チョーキングは経年劣化によるものがほとんどですが、まれに施工時の不良によっても発生してしまいます。
施工時に、きちんと高圧洗浄や下塗りなどの下地処理をしなかった場合や、適切でない塗料を使った場合にも、チョーキングが起こります。
戸建住宅に使う外壁用塗料の耐用年数は10年前後ですが、それよりもかなり早い時期にチョーキングを見つけた場合は、早めに当社にご相談ください。

外壁などを乾いた手でなでて、手に白い粉がついた場合は、メンテナンスを検討しましょう。当社がきちんと診断をして、適切な施工方法をご提案いたします。