鼻隠し

鼻隠し

勾配(傾斜)屋根の長手方向の先端部分のことです。似たような部位で「破風(はふ)」(※)もありますが、こちらは屋根の短手方向の先端部分を指します。

横から吹き付ける雨の侵入を防ぎ、軒先に設置する軒どい(※)の下地の役割もあります。また、下から吹き上げる強風を分散させる働きもあり、構造上も重要な部位です。吹き付けるような強い雨にさらされるため、木質系の破風板は年月が経つと腐食してしまいます。また、金属系の破風板は経年劣化で変形したり、チョーキング(※)を起こしたりします。

鼻隠しは、雨どいを正常な状態で支えたり、吹き付ける雨から家を守ったりと、重要な役目を担う部位です。外壁塗装と同様に、定期的なメンテナンスをご検討ください。

下からでも目視でチェックしやすい部分なので、定期的に鼻隠しが痛んでいないか確認してみましょう。当社では、プロの目で鼻隠しに不具合が起きていないか調査いたします。ぜひご相談ください。

※「破風」については、こちらをご参照ください。
※「軒どい」については、こちらをご参照ください。
※「チョーキング」については、こちらをご参照ください。