塗装工事を成功させるには、腕が立つ職人である事は絶対条件です。

外壁塗装、屋根塗装、軒天・雨樋などの塗装工事というものは、全て職人の手によって塗装をするので、仕上がりに大きな差が生じます。

知識や経験の浅い職人に塗装工事を依頼した場合、色ムラや塗り忘れ、塗膜の早期剥離など、高いお金を払ったのに見合った仕上がりにならない可能性があります。

 

今回は、『腕が立つ職人の見極め方』についてご紹介します。

 

 

まずは、職人が資格を保有しているかどうかを確認する事です。

塗装工事は資格を持っていなくても工事ができてしまう為、必ずしも全ての職人が有資格者であるとは限りません。

資格を持っているという事は一定以上の知識や経験があるという事です。

『一級塗装技能士』の資格は7年以上の実務経験者です。

『二級塗装技能士』は2年以上の実務経験者です。

なお、実務経験の期間きは職業訓練や学歴等で短縮される事があります。

 

塗装職人かどうかは、その会社のHPの職人紹介や会社概要のページに記載されている事が多いです。

見当たらない場合には、直接問合せてみましょう。

 

腕が立つ職人の見極め方 (2)

 

続いて、施工実績が豊富かどうかです。

やはり施工実績の多い職人の方が経験、知識が多く優れている可能性が高いです。

ベテランであれば絶対に安心、というわけではありませんが、具体的にどのような物件を手掛けてきたか、こだわりっている事、得意分野などを聞いてみるのもいいでしょう。

塗装職人の姿勢や考え方から、塗装の知識が無くても見えてくるものはあるはずです。

 

腕が立つ職人の見極め方 (1)

 

また、質問をしたり話す事でコミュニケーション力があるかどうかもわかります。

コミュニケーション力を備えている職人の方がイメージの擦り合わせがしやすくなります。

話しかけやすい、質問の回答が明確である事、不明点がないかよく確認できる職人であると納得のいく塗装工事にしてくれます。

その為、工事とは無関係に思えるかもしれないコミュニケーション力も塗装工事の成功の1つになります。

 

外装リフォームプロでは、地元で施工実績200棟以上、一級塗装技能士の資格を持つ工事のプロを厳選してご紹介しています。

悪評やクレームがないかも確認しておりますので、安心してお任せください!

「外壁塗装・屋根工事の一括見積り」については、こちらのページです。

 

−N−