縁切り・タスペーサー

縁切り・タスペーサー

通常、スレート瓦やカラーベストなどの平たい屋根材は、少しずつ重ねながら葺いていきます。その際に、瓦が重なり合った部分には、あえて隙間を開けます。万が一どこかから水が侵入した時の、水の出口になるからです。

ところが、屋根塗装をすると、この隙間が塗料で埋まってしまう恐れがあり、どこかから侵入した水の出口がなくなって、室内側へ流れてしまいます。

このような現象を防ぐために、塗料で塞がれた隙間に、専用の工具を差し込んで、塗膜に切り込みを入れる作業を「縁切り」といいます。最近では、この縁切りの作業を簡単にするために、塗装前に隙間へ「タスペーサー」という部材を差し込むことで、隙間が埋まるのを防ぎます。タスペーサーの設置はとても簡単なため、今は縁切りよりもタスペーサーを使った屋根塗装工事が主流です。ただし、屋根材が極端に痛んで割れやすい状態の場合や、屋根下地が腐食している場合には、タスペーサーを差し込む際に屋根材や屋根下地を痛めてしまうため、設置できません。