幕板(まくいた)

幕板(まくいた)

建築において、室内外で仕上げ部分に使われる横長の形をした板材の総称です。木製板や珪酸カルシウム板、樹脂板、アルミ板など素材もさまざまで、デザインが凝ったものは化粧幕板ともよばれます。

外部では、外壁の1階と2階の境目に取り付けたり、アクセントとして外壁にラインを表現したい場合に取り付けたりします。室内では、備え付け家具の廻りの隙間を塞ぐ場合や、ドア上の垂れ壁(天井から下がっている短い壁)の仕上げとして使われます。

屋外では、外壁内部や塗膜の下に水が入ったことで、外壁表面が膨らみ、幕板を押し上げてしまうことがあります。浮いた幕板の隙間からさらに水が侵入して、家を痛めてしまいますので、外部の幕板に浮きや反りがないか定期的にチェックしましょう。

また、浮いていない場合でも、紫外線や雨風にさらされ続けると、幕板も色褪せてきます。

外観をきれいに保つためにも、屋根や外壁の塗装と合わせて、幕板の塗り替えも当社へご相談ください。