外壁塗装の失敗例
塗装業者の選択を間違えてしまった。

塗装工事を成功させる為の最大のポイントは業者選びです。

  1. 営業の人に焦らされて決めてしまった。
  2. 見積もり費用の安い業者を選んだらトラブルにあった。
  3. 「当社オリジナル塗料」で不具合が出た。

塗装業者には残念ながら悪徳業者、手抜き業者が存在します。

業者選びに失敗しない為に、ポイントを抑えておきましょう。

よくある失敗例1

工期を短くしてくれたが、不具合が発生した

工程を短縮できると言われてお願いしたけど、すぐに塗膜が剥がれてしまいました。

お客様

よくある失敗例2

口約束で言った言わないが発生

打ち合わせの時にお願いしていた事と違う工事をされてしまい、泣き寝入りしかできず・・・。

お客様

よくある失敗例3

施工からすぐに剥がれが起きたが対応してくれない

約10年持つと言われたのに、ほんの数か月で塗膜が剥がれ、しかも対応してくれずに困っています。

お客様

外装リフォームプロ

信頼できる塗装業者選びは塗装工事の最重要ポイントです!

残念ながら、悪徳業者は存在するので、優良業者か見極められなければいけません。

例えば、塗装工事は短いにこした事はありませんし、できれば早く終わってほしいものですが、

必要な工程を省く事や、下地処理が適当に行われてしまえば、

残念な仕上がりになり、塗膜が数年で剥がれてしまう事もあります。

一例として、外壁塗装は基本的に下塗り→中塗り→上塗りの3度塗りが必要な工程なのに、

「うちは塗料を厚く塗るので、下塗り→上塗りで終わらせられますよ。」というのは手抜きである事が明らかですし、

下地処理の最初の工程である高圧洗浄が建物全体で1~2時間で終わってしまえば、

下地を綺麗にする目的ではなく、ただのパフォーマンスであると言えます。

工期が短くできると言われた場合は、その理由をしっかりと確認しましょう。

4958401_s

事前準備では、しっかりと書面に残す。

施工プランや見積もりの内容を確認し、契約をする場合には口約束ではなく、必ず書面で契約を交わすようにしましょう。

一般的な契約書類は「工事請負契約書兼約款同意書(工事請負契約書)」、「請負契約約款」、「見積書」の3つです。

これら3つが揃っているかどうか、また、小さな文字で書いてある書類もありますが、

見落としがないようしっかりと確認して納得をしてからサインをしましょう。

言った言わないはトラブルのもとです。

契約書がある事で認識の相違を防ぎ、何か起こった時にもスムーズな対応ができるでしょう。

1047134_s

信頼できる塗装業者に任せましょう。

とはいえ、塗装業者をどこにするのかは簡単ではありませんよね。

費用や条件を比較する為であったり、信頼できる業者か判断する為にも、

相見積もりで複数の業者から見積もりを取る事をオススメします。

あなたの希望をしっかりと伝え、様々な角度から比較をしてみてください。

その際は「相見積もりです。」と伝えておく事によって、焦らず検討する時間が持てます。

信頼できる塗装業者を探す時間がない、自信がないという気持ちもあるかと思います。

そんな時は、ぜひ信頼できる地元の塗装業者に依頼するには当サイトをご利用ください。

一級技能士の資格を持ったプロが、優良業者を厳選してご紹介します!

 

外装リフォームプロ

外装リフォームプロは、お客様と優良塗装店の間に入り、中立な立場で最適な塗装店をご紹介しております。お伺いするのは、国家資格を持った経験豊富な工事のプロ。建物の状態やお客様のご要望を総合的に勘案し、地元の優良塗装店を最大5社ご紹介します。

登録の塗装店はすべて、地元で5年以上・200棟以上の実績があり、事務所もある真面目な会社です。まずは0円見積もりから、お気軽にご依頼ください!

一級技能士の資格を持ったプロが、
お住まいの外装リフォームを
サポート&アドバイス!