外壁塗装の失敗例
塗装工事の相場が分からず訪問営業で契約してしまった

訪問営業はあの手この手で契約を迫ってきます。

  1. 早く工事しないと住めなくなりますよ。
  2. 今日契約してくれたら安くできます。
  3. このお見積りから30%オフにします。

どれも「早く契約しなくては」と思ってしまいますよね。

営業マンは契約をさせるのが仕事ですから、見事なトークに流されてしまう方も多くいらっしゃいます。

よくある失敗例1

心配させるような話ばかりだった

「危険なひび割れがある」「近い内に雨漏りが起こる」と言われて心配になった。

お客様

よくある失敗例2

考える時間がなかった

「今日契約してくれたら数十万円安くできる」と言われたので、契約した。

お客様

よくある失敗例3

「特別に」と安くしてもらったが・・・

お宅は特別に見積もり金額より30%安くしてくれるという事だったので契約した。

お客様

外装リフォームプロ

どれも営業の常套句です!

心配するような話をする、考える余地を与えない、極端な値引きで気を引く営業マンにはご注意ください。

あなたの為に言っている、特別にというのは優しい言葉に聞こえるかもしれませんが、

契約させる為の営業トークである事がほとんどです。

煽られて心配になるかもしれませんが、安い買い物ではありませんので、

大切なお住まいの工事を任せるには、信頼できる業者選びが大切です。

 

外壁塗装業者の選び方

 

極端な値引きができるのは何故?

最終的な見積もり金額が大幅に値下がりされれば、一見お得に見えるものです。

しかし、この場合の多くは大幅な値引きをしているようで、

しっかりと会社の利益が出るように、もともと高い金額を提示して、そこから安い金額を伝えています。

また、激安店も存在しますが、それなりの理由があり、

その費用ででる範囲内の材料や施工しかできなくなるので、質が低下してしまうでしょう。

塗装工事の質とは、仕上がりが美しいというだけでなく、

塗膜が長持ちするか、汚れは付きにくいか、ひび割れしにくいかなど、多岐に渡ります。

質にこだわる事で、次のメンテナンスまでの期間を長くする事ができ、

建物を丈夫に保護する事ができるので、質は重要視される事をオススメします。

 

費用には営業マンの人件費が含まれている場合も

営業マンも仕事ですから、人件費がかかります。

また、塗装工事はせずに、営業だけを行って、下請け会社に依頼している場合ねも多いです。

それらの営業マンの人件費や中間マージンが見積もりに含まれていて、

余計なコストが発生してはもったいないです。

他社と相見積もりをとって比較するなどして、適正な価格かどうかを判断する必要があります。

 

訪問営業から話を聞いたら、どうすればいいの?

お客様

実際に訪問営業から話を聞いている方は多くいらっしゃいます。

その場合は、決してその場で契約せず、地元の塗装業者で相場がいくらなのかを知る必要があります。

大切なお住まいのリフォームには、どんな部分であっても、じっくりと考えるべきです。

訪問営業に急かされても「相見積もりを取って検討します」と一旦断り、他の塗装業者と比較してみてください。

ただ、見積もりをいくつもの会社に依頼するのは手間や時間がかかるものです。

当サイトは、一度に見積もりを出し、相場をご確認いただけます。

お気軽に0円見積もりをご依頼ください!

 

 

外装リフォームプロ

外装リフォームプロは、お客様と優良塗装店の間に入り、中立な立場で最適な塗装店をご紹介しております。お伺いするのは、国家資格を持った経験豊富な工事のプロ。建物の状態やお客様のご要望を総合的に勘案し、地元の優良塗装店を最大5社ご紹介します。

登録の塗装店はすべて、地元で5年以上・200棟以上の実績があり、事務所もある真面目な会社です。ゆっくりと時間をかけてご検討いただき、後悔のない塗装工事を!

一級技能士の資格を持ったプロが、
お住まいの外装リフォームを
サポート&アドバイス!