モニエル瓦

モニエル瓦

1970〜80年代に、セメント瓦(※)と同様に流行した、コンクリート製瓦の一種です。1973年の発売当初は、「日本モニエル」という会社が販売をしていましたが、2010年に廃業してからは、もう販売していません。見た目やザラザラした表面は、セメント瓦とよく似ていています。モニエル瓦の原料であるコンクリートは、セメントと砂利を混ぜたものなので、小口(瓦の先端で切り口が見えている部分)から砂利が見えているのがモニエル瓦のです。

モニエル瓦は、セメント瓦と同様に、表面を塗膜で保護する必要があり、定期的な塗り替えが必須です。紫外線や雨風を受けて塗膜が劣化すると、瓦に水が染み込んで、雨漏りの原因となります。また、日本瓦と比べても耐久性が低く、既に販売されていない屋根材なので、最近では新築で用いることはまずありません。既存の屋根がモニエル瓦のお宅は、塗り替えを繰り返すか、日本瓦やその他の屋根材にやりかえることをおすすめします。

※「セメント瓦」については、こちらをご参照ください。