プライマー(シーラー)

プライマー(シーラー)

プライマーとシーラーは、塗装を施す素材によって使い分けますが、共に「下塗り材」のことです。
プライマー(シーラー)と関連して、「フィラー」という用語があり、こちらも下塗り材です。

プライマーは、鉄部や防水塗装の下塗り材です。後から塗る上塗り材との密着性を高める働きがあります。鉄部塗装の場合、プライマー自体にはサビや浮いた塗膜を落とす効果はないため、サビや浮いた塗膜をしっかりと除去した後に塗ります。
シーラーは、主にモルタルやコンクリート、石膏ボードに塗り、下地への塗料の吸い込みを防いで、上塗り材との密着性を高めます。戸建住宅においてよく使うのが、合成樹脂エマルション塗料と呼ばれるシーラーで、臭いも少なく、住宅密集地や室内でも使うことができます。

プライマーやシーラーを塗る作業は、塗装工事においてとても重要な工程です。この工程を確実に行うことで、耐久性の高いきれいな塗膜が仕上がります。

※「フィラー」については、こちらをご参照ください。