Q. 築10年を超えていますが見た目にも生活にも問題がありません。塗り直しが必要なのでしょうか?

 2021年7月9日

ご質問ありがとうございます。

塗料の種類やお住まいの地域環境によっても耐久性は違いますが・・

『外壁塗装は築10年頃が目安です。』と言われていることが多いですが、

確かに、見た目がきれいだったり、

生活に支障がないと『本当にやる必要あるかな?』と思ってしまいますよね。

あまり実感がなくても、

建物は、紫外線や雨風、ホコリなど、

気温の変化や地震といった自然災害などで毎日ダメージを受けています。

外壁材や外壁の塗装は少しづつすり減っています。

そもそも、外壁塗装の効果は見た目を綺麗にするだけではなく外壁を塗装することで建物を長持ちさせることが目的です。

塗装することによって建物の保護機能が向上し、

遮熱効果、遮断効果そして防カビ効果も期待できます。

 

たとえば、生活に支障がないからという理由で外壁塗装をしないで放っておき30年後にメンテナンスを行うと建物の劣化がかなり進み『さぁ塗装しよう!!』となった時に塗装では対応できなくなり、

将来的にかかるメンテナンス費用も高くなります。

定期的に費用はかかってしまいますが、

今の状態だけではなく将来的なことを考えて、

こまめにメンテナンスを行っていくことが、

費用の負担を抑えることに繋がっていくと思います。

 

外壁塗装業者の選び方