グレー・ブラウン系の外壁塗装例

外壁の色をグレー・ブラウン系の色にすることで、シックな印象の外観になります。ただ、ひとつポイントとして、夏場、どうしても濃い色は室内の温度が上昇しやすくなるため、遮熱塗料を選ぶことがポイントになります。

グレー・ブラウン系の色選びのポイント

外壁塗装でグレーやブラウンなどはシンプルでスタイリッシュな印象を与え色のバリエーションも豊富なので人気の色の一つです。ですが暗めの色は失敗すると堅苦しく重たい印象になりがちです。
色選びのポイントとしては、グレーやブラウンといっても黒に近いグレーや濃いブラウン、薄いグレーや薄いブラウンなど様々な色があります。色の明度で仕上がりの印象も変わるので塗料を選ぶ際には色味にまでこだわって選ぶのがおすすめです。また、同じブラウンやグレーでも塗料の製品によって変わってくるので実際に施工したものを見せてもらうなどイメージしているものに近いかどうかよく見極めてください。

パーフェクトトップ
ND-013(日本ペイント)

グレーとブラウンの中間のような色でシックでスタイリッシュな印象になりそうです。

アレスダイナミックTOP
KP-385(関西ペイント)

重厚感のある濃いめのブラウンはクリーム系と合わせることで温かみと高級感を演出できそうです。

日本中央研究所
アドグリーンコートEX

薄めのグレーは濃淡の違う色と組み合わせることでより一層引き立ちます。

エスケープレミアムシリコン
SR-414(エスケー化研)

落ち着きのある上質な雰囲気のブラウンはツートンカラーなどどんな色ともよく合いそうです。

グレー・ブラウン系の配色例

ブラウン×ブラックが高級感を感じさせてくれます!!

和モダンでおしゃれなデザインにブラウンとブラックのツートンカラーがよく合い高級感を引き立たせてくれます。圧倒的な存在感でおしゃれな外観。ブラウンの濃淡によっても印象が変わってきます。

グレーの濃淡とホワイトがアクセントになりシンプルな中におしゃれさを!!

濃いグレーと素材の違う薄いグレーが入ることによりシンプルな中に高級感を引き立たせています。ホワイトの部分を入れていることで清潔感があり落ち着きのある大人な外観に。おしゃれ上級者ですね。

白い壁にグレーのラインがアクセント!!

白い壁にグレーのラインをアクセントとして入れることで暗くなりすぎずナチュラルな清潔感のなかにまた違った印象を与えてくれます。縦のラインとバルコニー部分の横のラインがうまく組み合わさってスタイリッシュな仕上がりに。ホワイトと合わせていることでグレーが引き立ちますね。

グレー・ブラウン系の外壁塗装の注意点

人気のあるグレーやブラウンも注意するべき点があります。グレーは道路やビルなどと同じ色合いのため地味な印象になりがちでブラウンも塗装してみたら意外と周囲と合わず浮いてしまったなんてお話もよく聞きます。せっかくならワンランク上のおしゃれな家にしたいですよね!!色の濃淡によっても印象ががらりと変わりますが組み合わせる色や壁の素材によってもイメージとオシャレ度が変わってきます。
木目調と合わせれば周囲の外観ともうまく溶け込みワンランク上のおしゃれな家に。ホワイトと組み合わせれば色のコントラストがはっきりしてスタイリッシュな中に爽やかさをプラスしてくれます。濃いブラウンはアイボリーと合わせることで温かみがあり優しい雰囲気に仕上げてくれます。
お家の周りの環境と調和するかどうかも想像しながら色味を決めることをお勧めします。配色の仕方や明度によっても全然違った印象になりますが特徴を活かしてイメージにあった色を選んでみてください。

ブラウン・グレーといった暗めの落ち着いたカラーは、特に黒のような濃いめのものは光を吸収しやすいため熱の影響を受けやすく夏場は室内の温度が上がりやすいというデメリットがあります。一般的に明るい白系は光をはね返し暗い色ほど吸収してしまうので暑さ対策がポイントになります。遮熱・断熱に優れた塗料を選ぶことをお勧めします。また、ブラウンやグレーは中間色のため汚れが目立ちにくい色とされていますが黒に近い色は意外と汚れが目立ちやすい色なので汚れに強い機能性塗料を選ぶようにしましょう。
グレーやブラウンは失敗しにくい人気の色ですがひとくくりにブラウンやグレーといっても濃淡によってもメリット・デメリットが変わってきます。まずは、明るい淡いものにするのか黒系の濃いものにするのかイメージする方向性を決めることをお勧めします。失敗しないためにも実際に施工したものを見てイメージを膨らませたりカラーシュミレーションを是非やってみてください。

グレー・ブラウン系の色におススメの塗料

(株)シンマテリアルワン
キルコート

高断熱、遮熱、防音効果のある塗料です。夏は外からの熱を防ぎ冬は熱を外に逃さず保温効果も期待できるので光熱費を削減できる省エネ効果抜群の塗料です。環境に優しい水性塗料200%の伸縮性があるため地震などの振動にも強い塗料です。カラーバリエーションが少ないのがデメリットです。

株式会社日進産業
ガイナ

宇宙ロケットの塗装技術を応用して開発されているため断熱・遮熱に効果があり他にもたくさんの機能がある高機能塗料で人気があります。

日本中央研究所
アドグリーンコートEX

熱を建物内部に伝えにくい性質のある日本中央研究所株式会社が開発した世界で唯一の特殊素材を利用した塗料です。夏場の冷房効果が上がり光熱費を抑えることができるので省エネ効果がある塗料です。