【令和5年度】埼玉県本庄市住宅省エネ改修補助金

埼玉県本庄市では、令和5年度本庄市住宅省エネ改修補助金の受付を開始しました。

地球温暖化防止対策の一環として、屋根の高遮熱塗装工事などを対象に、かかった費用の一部が補助されます。

 

屋根塗装工事にはコストがかかるので、これ機にご検討されてみてはいかがでしょうか。

外装リフォームプロでは、補助金申請のサポートができる塗装業者の紹介もしています。

 

事前契約をした場合は対象とはならないので、ご注意ください。

申請期間内でも予算に達すると受付を終了しますので、お早目にお申込みください。

 

今回は、「本庄市住宅省エネ改修補助金制度」について詳しく解説します。

補助金を受けるためには、いくつか条件がありますので、それぞれ確認してみてくださいね。

 

補助対象・要件・補助金の額

【令和5年度】本庄市住宅省エネ改修補助金 (1)

・工事に要する費用(2種類以上の工事を行う場合は、その合計額)が10万円以
の工事が対象。

増築を伴う工事は、対象外。

②、③の工事を実施する場合には、居室1部屋以上にて実施すること

種 類 要 件 補助率・上限金額

①屋根の高遮熱塗装工事

※壁の高遮熱塗装工事は対象になりません。

グレー(N6)塗料の試験体で、日本産業規格(JISK5602塗膜の日射反射率の求め方)により測定した日射反射率が50%以上である塗料又は日本産業規格(JISK5675屋根用高日射反射率塗料)の承認を受けている塗料を用い、屋根又は屋上を塗装する工事 補助対象
経費の2/10(上限金額10万円)
②断熱ガラス等の設置工事 住宅に係るエネルギー使用の合理化に関する設計、施工及び維持保全の指針(平成18年国土交通省告示第378号)に規定する断熱性能に適合するガラス、外窓及び内窓を設置する工事 補助対象
経費の2/10(上限金額10万円)
③断熱材設置工事 上記の断熱性能に適合する断熱材を外壁、屋根、天井又は床に設置する工事 補助対象
経費の2/10(上限金額10万円)

 

以下の①、②に該当する場合、それぞれ補助金額が2割増額。

①「親と同居・近居 (市内)」「生計を一にする中学生以下の子がいる」「生計を一にする中学生以下の子がいる親族と同居」のいずれかに該当する場合

②市内に本社のある事業者に工事依頼をする場合

 

補助対象となる方・住宅の条件

【令和5年度】本庄市住宅省エネ改修補助金 (2)

・自ら居住する市内の住宅(共同住宅及び併用住宅。ただし、延べ面積の二分の一以上を居住の用に供するものを含む。)に補助対象の工事を行い、市税に滞納がない個人。

住宅及びその敷地等に建築基準法、都市計画法等の関係法令等に違反がないこと。

 

注意事項

①補助金の交付は1世帯あたり1回のみです。

②住宅特定改修特別税額控除については、税務署へお問い合わせください。

③審査は原則、申請書類で行いますが、必要に応じて市の担当者が現地を確認する場合があります。

 

受付開始日・受付時間

補助金の交付を受けたい方は、改修工事を行う業者との契約及び工事等を行う前に申請書に必要事項を記入後、必要書類を添えて、環境推進課(市役所4階)に提出してください。

 

受付開始日:令和5年4月3日(月)

※工事着工より14日前までを目安に余裕をもって申請してください。

※令和6年3月29日(金)までに実績報告書が提出できるよう申請を行ってください。

 

受付時間:8:30~12:00、13:00~17:00

土・日・祝日・年末年始を除く

 

申請の流れ

【令和5年度】本庄市住宅省エネ改修補助金 (3)

①業者に連絡をし、見積書を取得します

塗装業者に連絡をし、調査後に見積書を受け取ってください。

塗装業者は慎重にご検討ください。

「外壁塗装業者はどうやって選ぶ?優良な業者選びの方法とは」は、こちらのページです。

 

②補助金申請書を提出します

工事着工より14日前までを目安に余裕をもって申請してください。

また、実績報告書を令和6年3月29日(金)までに提出できるように申請してください。

 

【添付書類】

①設置場所の地図

②見積書のコピー(設置工事の内容及び金額の内容が確認できるもの)

③補助対象工事の施工予定個所の現況写真(カラー写真であること。A4サイズの用紙に印刷か、貼り付ける)

④補助対象工事の内容が確認できる仕様書、パンフレット、要件を満たすことが確認できる書類

⑤補助対象工事の内容が確認できる住宅の図面(塗装の場合は面積の根拠)

⑥住民票の原本(コピー不可)(「世帯全員」「続柄」が記載のもの)(申請日から3ヶ月以内に発行されたもの)

 ※「親と同居・近居(市内)」「生計を一にする中学生以下の子がいる親族と同居」の要件に該当し、加算を受ける場合は戸籍謄本等が必要になることがあります。申請前にご連絡ください。

⑦市税に滞納がない証明書(申請日から3ヶ月以内に発行されたもの)

⑧債権者登録申出書

 

③着工 ~ 工事完了

必ず、市の交付決定通知書がお手元に届いてから着工してください。

 

④実績報告書を提出します

工事完了・代金支払い日から起算して30日以内、または令和6年3月29日(金)のいずれか早い日までに実績報告書を提出してください。

 

【添付書類】

①領収書及び内訳書のコピー

②補助対象工事の実施内容がわかる施工中及び工事完了後の写真(カラー写真であること。A4サイズの用紙に印刷か、貼り付ける)

③補助対象工事の内容として申請した製品を使用したことがわかる書類(写真・納品書・出荷証明書のいずれか)

 

⑤補助金の請求をします

【必要な書類】

① 補助金交付請求書

② 市の確定通知書のコピー

 

⑥導入効果報告書を提出します

導入効果の検証のため、補助金の交付を受けた翌月から1年間、電力使用量を導入効果報告書に毎月記録し、環境推進課(市役所4階)へ提出をお願いします。

 

本件に関するお問合せ先

本庄市経済環境部環境推進課ゼロカーボン推進係

〒367-8501

埼玉県本庄市本庄3丁目5番3号

 

電話:0495-25-1249

ファックス:0495-25-1248

 

本庄市HP「本庄市住宅省エネ改修補助金」

 

優良塗装業者を探すなら外装リフォームプロへ!

【令和5年度】本庄市住宅省エネ改修補助金

補助金制度を利用できれば、リフォームにかかるコストを軽減できるので、積極的に利用しましょう。

申請期間内でも予算に達すると受付を終了してしまいます。

補助金を受けてお得にリフォームをするためにも、お早目にお申込みください。

 

外装リフォームプロでは、補助金申請のサポートができる塗装業者の紹介もしています。

ご紹介する業者は、一級技能士の資格を持ったスタッフが厳選した優良業者のみです。

厳しい加盟基準を設けておりますので、リフォームの際はぜひご利用ください(^_^)/

お問合せはコチラ

 

外壁塗装・屋根塗装の費用相場、無料見積もり【外装リフォームプロ】

 

−N−

外壁塗装、屋根工事をご検討の方は、
ぜひご相談ください。