FRP防水

FRP防水

FRPとは、ガラス繊維などを混ぜて補強したプラスチックのことで、浴槽や船底などにも使われるほど、耐久性が高く軽量な素材です。FRP防水は、FRPの性質を活かした塗膜防水です。塗料には、樹脂とガラス繊維などの強化剤が含まれており、何度も塗り重ねることで丈夫な防水層に仕上げます。塗膜防水なので、狭い場所や複雑な形状の場所へ施工できます。また、高耐荷重・高耐摩耗なので、人がよく歩くベランダには適しています。
丈夫な分コストも高いですが、FRP自体の寿命は30年程なので、長期的に見るとお得な防水工事です。

ただし、FRP防水は木造の建物や広い面積には施工できません。FRPは固まると伸縮しなくなるため、下地の伸縮に追従できずに防水層が割れてしまう可能性があるためです。

メンテナンス方法は、紫外線に弱いFRPを保護するトップコートの塗り替えです。トップコートが劣化してしまうと、FRPまで傷んでひび割れてしまいます。
トップコートに細かいひび割れを見つけたら、早めに当社へご相談ください。