軒天(のきてん)

軒天(のきてん)

軒裏天井(のきうらてんじょう)を、建築業界では略して軒天(のきてん)と呼びます。軒天とは、建物から伸びている屋根の裏側のことで、地面から見上げると外壁ラインから飛び出た部分です。一般住宅では、ベニヤや化粧板、ケイカル板が張られています。

軒天があることで、紫外線や雨が外壁に直接当たることを防いだり、火事の時の延焼も防いだりします。また、軒天の一部に換気口を設けることで、屋根裏の湿気や熱気を外に排出することもできます。

軒先の雨どい(※)から雨水が溢れかえってしまうと、軒天が濡れて腐食してしまいます。いつも陰になっていて、なかなか目に留まる場所ではないため、劣化に気付きにくいですが、軒天の不具合を放置してしまうと、室内の天井にも悪影響を及ぼします。外壁塗装などと合わせて、再塗装や張り替えなどのメンテナンスをしましょう。当社では、軒天に不具合がないかしっかり調査いたしますので、ぜひご相談ください。

※「雨どい」については、こちらをご参照ください。