戸袋(とぶくろ)

戸袋(とぶくろ)

引き戸を開けた時に、引き戸本体を収納するスペースのことです。戸袋に引き戸を収納することで、室内外から戸が見えなくなって、すっきりとした見た目になります。室内引き戸の場合は、壁の内部に戸袋のスペースがあることが多いので、一見戸袋がどこにあるか分かりにくいです。雨戸の場合は、外から見ると窓の脇に薄い箱状のものが付いていて、これが戸袋です。

雨戸の戸袋は、屋根や外壁と同様に、紫外線や雨風にさらされることで経年劣化します。塗膜が剥がれたり、チョーキング(※)が起きたりすると、戸袋本体を痛めてしまい、そのまま放置すると戸袋廻りから水が侵入して雨漏りの原因にもなります。外壁塗装と合わせたお手入れが必要です。特に木製や鉄製の場合には、小まめな塗り替えが必要なので、定期的に劣化していないかチェックしましょう。ただし、窓サッシとセットになっているアルミ製の戸袋は塗装ができないので、お手入れの際は当社にご相談ください。

※チョーキングについては、こちらをご参照ください。