セメント瓦屋根・日本瓦屋根

セメント瓦屋根・日本瓦屋根

瓦は日本に古くから伝わる屋根材です。その中でも、1970〜1980年代に普及したセメント製の瓦を「セメント瓦」といい、粘土を焼成している国産の瓦を「日本瓦(陶器瓦)」といいます。セメント瓦は表面を塗装して雨水が染み込むのを防ぎ、日本瓦は焼成する前に表面に釉薬(ゆうやく)を塗ってガラス質で覆ったり、燻すことで表面に炭素膜を作っています。

セメント瓦は、日本瓦と比べると耐久性が低く、最近では新築で用いることはほぼありません。既存の屋根がセメント瓦のお宅は、リフォームの際に塗装し直すか、日本瓦やその他の屋根材に葺き変える場合がほとんどです。
また、セメント瓦にはアスベストを含んでいる商品もあるため、一般の方が修繕することはオススメできません。
割れた瓦を見つけた場合などは、必ず当社のような施工業者に相談しましょう。

日本瓦は割れない限り寿命は100年以上とも言われています。寺社仏閣に多く使われているのもそのためです。また、ガラス質や炭素膜で覆われているため、塗装メンテナンスをする必要もありません。
割れた日本瓦を見つけた場合は、当社へご相談ください。