シーリング(コーキング)工事

シーリングとコーキングは、建築用語においては同じ意味です。気密性・水密性を確保するために隙間を埋めることを言います。

サイディングなどの外壁材同士のつなぎ目や、窓やドアなどのサッシ廻りの隙間などにシーリング材(コーキング材)と呼ばれる充填剤を注入します。これを、シーリング(コーキング)工事と呼びます。
※充填:欠けているところや空いているところに、ものを詰めて埋めることを言います。

戸建住宅においては、主に弾性のある不定形シーリング材と呼ばれる材料を使いますが、紫外線や雨風にさらされ続けて劣化してくると、その弾性が失われて硬くなり、ひび割れや隙間が発生します。そこから水が侵入してきて、雨漏りの原因となってしまうので、見つけたら早めに当社へご相談ください。

なお、シーリング(コーキング)工事には、「打ち替え」と呼ばれる既存シーリング材を撤去して新たに打ち替える場合と、「増し打ち」と呼ばれる既存シーリング材の上から新たにシーリング材を足す方法があります。当社では、細かく調査した上で、場所や劣化具合によって、適正な方法で施工いたします。